はじめてのお留守番。

我が家にきて早々、ルパンには大きな試練となる長いお留守番。

会社帰り、駅から家まで猛ダッシュ。
ドアを開けると、部屋のソファの上にちょこんと座っている。
駆け寄るとこっちに飛んでくる・・・と思いきや、急いでカーテンの中に隠れるルパン。

こわかったんだねー、ごめんねーと声をかけると、やっと私だと気づいてくれました。
ぷるぷる震えながらもしっぽをブンブン振って喜んでいます。
部屋の中はルパンを迎えるにあたり一切の危険を排除したレイアウトにしたし、
おしっこシートで遊んで一度怒られているため、いたずらは一切なし。

えらいぞ、ルパン!、と後ろをみると、和室が少し開いていて中にうんちがコロンと。
急いで旦那に確認すると、和室は閉めていったとのこと。
ブリーダーさんのところでお会いしたイタグレの飼い主さんが、
「手がすごく器用で缶のフタも開けてしまうんですぅ~」と言っていて
またまた~と思っていたが、本当でした。
しかしふすまを自分で開けて中に入るとは。

今日、もうひとつびっくりしたこと。
私と旦那さんが席を立って膝の上に寝れなくなるとキュンキュン泣くのですが、
これに応えてしまうと泣けばきてくれる・・・という
欲求吠えになってしまうのを防ぐために軽~く無視。
すると、キューンキュ~ンキュ~~ン・・・・・・ワン!!と、初吠え。
すかさず口を押え叱りましたが、わかってくれたかなぁ。

ブリーダーさんから、今がっつり叱って今後叱られない子になるか、
一生叱られ続ける子になるかは最初の半年にかかっていると聞き
心を鬼にして悪いことは悪いと教えている毎日です。
どこにでも連れて行ってあげれて、誰にでもかわいがってもらえる犬に
なったら犬自身も幸せだと思うので。

夜は初の身体拭きを旦那がしてくれたようで、洗面所からは「マテ!マテ!」と
いう言葉が聞こえてきました。
最初はイヤだと思うけど、今のうちにいろいろやっておかなければ。
がんばれルパン!
b0160514_1143523.jpg

               一緒にレシピ本を見るルパン。
[PR]
by maicomic | 2009-03-02 14:59